未分類

中国 技術力 日本より上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、okeydon(おけいどん)です。 中国は、最先端技術において、日本の先を行き、世界的競争力を持ちます。もはや、日本はライバルですらない。しかし、僕okeydonは投資対象としていません。この記事ではその理由を綴ります。 最先端技術といえば、AI、クラウド、5Gが代 … ホイールインモータ二輪車 技術開発の自由度と規制無視が可能な中国市場。日本で素晴らしい新技術を考え、製品化しても規制があり、もたもたしているうちに中国に先行される。 ドローン、監視カメラなど。 「ホイール・イン・モータ革命」の深浅市・電気街「華強北」に2日いて感じ … 2020年7月、中国の高速鉄道の営業距離が3万6000kmとなり世界一となった。最高速度記録も中国の高速鉄道が次々と塗り替えている。国際社会の鉄道開発競争が激化する中、中国が海外の鉄道開発を受注する… ホジュン)特派員=日本が音速の5倍以上の速度で飛行して目標物を打撃する「極超音速兵器」に関する攻撃と防御をすべて研究すると、産経新聞が2・・・ 近年では、中国・台湾・韓国を中心にアジア市場の急成長が見込まれる。 (全世界の導入量は、 2018. 2人のうち、ロシアの国際航空ショー「MAKS(国際航空宇宙サロン)」の名誉会長を務めるテストパイロットで、「ロシア連邦英雄」の称号を持つマゴメト・トルボエフ氏は、「(中国の)全航空宇宙技術の基礎となっているのは、ソ連・ロシアの技術、つまり我々の … これをもって「中国の技術力はすごい」 という報道もあるようですが、はたしてそうでしょうか。日本の「 京」も国産cpuですし、 中国は2000年から独自のcpu開発をしてきましたので、 特段、驚くべきことではありません。 メディア:日経マネー20年1月号、日経新聞電子版20年5/4号・5/6号。 Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. 投資歴20年以上、14ヵ国高配当株投資。 23gw → 2040. なぜ、中国のテクノロジーは、日本とは異なる成長をしているのでしょうか。その背景を5つの視点から読み解き、中国と日本の「違い」を理解した上で、日本企業が世界で戦う「知恵」を考察していきます。 年. 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は13日、小惑星「リュウグウ」を出発し、地球への帰還を開始した。リュウグウは地球から約3億キロメートル以上も離れた宇宙空間に存在する大きさが900... 日本の技術力がここまでとは! 中国は「はやぶさ2」においしいところを持って行かれた=中国. 時短社員、12月末にアーリーリタイア予定。 スプートニク日本. 年. 12月6日にオーストラリアに帰還した探査機・はやぶさ2のカプセルは、日本で開封され、小惑星リュウグウのサンプルが入っていることが無事確認された。地球圏外からのサンプルリターンは世界初となる。中国メディ... 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、「はやぶさ2」が持ち帰った再突入カプセル内から小惑星「リュウグウ」のサンプルが確認されたと発表した。「はやぶさ2」は見事に偉業を成し遂げたと言えるだろう。中国... 中国「主動的な戦争設計へ転換」宣言…日本、有事に備え「ネットアセスメント」強化が急務, Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。. 1:首都圏の虎 ★:2020/11/26(木) 16:57:37.46 id:cap_user 中国メディアの新浪財経は24日、中国高速鉄道が日本と比べて優れていることが3点あると主張する記事を掲載した。 記事は、高速 … 日本と中国のロケット技術はどちらが上か、新型長征ロケットで日中逆転―米華字メディア Record China 2016年11月6日(日) 11時0分 拡大 Twitter:@okeydon(1万フォロワー). 日本の技術力がここまでとは! 中国は「はやぶさ2」においしいところを持って行かれた=中国 2020/12/22 (火) 11:12 中国ではr&d(研究開発)分野を担う中堅どころが「圧倒的に足りない」と聞く。米国に留学しmbaを取得したエリートはいる。若手のit(情報通信)技術者も大勢いる。しかし、内燃機関や機械を学んだ30歳代半ばより上の年齢層では、経験のある技術者や大学で機械・素材といったサ … 2020年9月2日、「グローバル・イノベーション・インデックス(GII;Global Innovation Index、以下GII)」の2020年版が発表された。各国のイノベーションに関する能力の指標だ。日本は順位を前年から1つ落とし、16位となった。 562gw ( 24. 月刊正論 4年前の2011年に起こった中国高速鉄道の衝突・脱線の大惨事は早くから予測されていた。輸送も発電も全てデタラメ、中国の技術は張子だと評論家の宮崎正弘が喝破した月刊正論2011年10月号の論考を掲載する。 風力発電も太陽光も張子のトラの世界一 中国の国際社会での影響力が増すにつれて、知的財産権保護に関しても世界各国から新 たな要望が殺到している。中国政府の指導者も重ねて呼びかけ、イノベーションの奨励、 中国は、最先端技術において、日本の先を行き、世界的競争力を持ちます。もはや、日本はライバルですらない。しかし、僕okeydonは投資対象としていません。この記事ではその理由を綴ります。, まずは、AIから。AI研究を世界でリードしている国はアメリカで、AIを研究する企業として世界トップはGoogleとされます。中国は2位、日本は8位です。AIの中でも分野があり、中国にはアメリカを凌ぐ技術を有する分野すらあります。, 次に、クラウド。クラウドで世界的優位にある企業といえば、マイクロソフト、Amazon、Google、そして中国のアリババです。アリババは現在 世界第3〜4位の位置にいます。, そして、5G。意外かもしれませんが、実はファーウェイが世界トップです。端末ではなく基地局のことです。2020年第1四半期では、世界シェア35.7%。2位はスウェーデンのエリクソンで24.6%、3位はフィンランドのノキアで15.8%、4位は韓国のサムスンで13.2%です。ファーウェイは、2019年第4四半期と比較してシェアを0.4%伸ばしました。アメリカからのファーウェイ叩きに遭っているにもかかわらずです。そして、これまた意外かもしれませんが上位にアメリカ企業はありません。, 端末においては、2020年第1四半期では、世界シェア1位は韓国のサムスンで20%、2位はファーウェイで17%、3位はアップルで14%です。, このように、最先端技術において、中国はアメリカの次を行くか、分野によってはトップを走っているのが現実です。日本は、後塵を拝していることを認めざるを得ません。, 理由は、米中の最先端技術の覇権争いです。僕okeydonはアメリカと喧嘩する国には投資しません。喧嘩とは、戦争に限ったことではありません。過去に、アメリカと大なり小なり喧嘩して勝った国は、ベトナムしか存在しないのです。そのほかの国はどうなりましたか?最先端技術の覇権争いは永遠に続くでしょう。, 先ほど、ファーウェイは基地局で世界シェアがトップで、目先ではまだシェアを伸ばしているとは申しました。とはいえ、欧米でファーウェイ外しが明確化してきています。5Gに欠かせない半導体を、半導体世界トップである台湾のTSMCが今後は卸さないと宣言しています。端末においては、ファーウェイは世界シェア2位とはいえ、世界一の人口である中国国内の需要、つまり内需によるもので、海外では苦戦しています。Googleのアプリを使えなくなった影響が大きい言えます。この先も、アメリカによるボディーブローが効いてくると思います。, 次に、アリババのクラウドはどうか?中国では支配力を持つほどのトップシェアです。アジア太平洋域でもトップシェアにあります。この先、現在3〜4位の位置にある世界シェアが、もしも拡大していくとしたら、そして、アメリカ企業の座を脅かすようになれば、アメリカ政府は黙っているでしょうか?僕okeydonにはそうは思えないです。, 最後に、半導体にも触れておきます。最先端技術といえば、半導体と切っても切れない関係ですが、中国は半導体が弱点です。最先端技術での世界覇権を狙うにはそこが問題になります。, 中国の半導体受託製造の最大手はSMICです。同社は14nm(ナノメートル)の半導体を量産し、12nmの開発を進めている段階です。他方、半導体世界トップの台湾TSMCは5nmの量産をしています。質的に遅れがあります。, このように、中国は、半導体の質も量も改善する必要があります。量としては、半導体の国産化率を2025年までに70%に高めようとしています。一方、質を高めるには、優れた半導体製造装置が必要になります。そのためには、オランダのASMLから最新のEUV露光装置を売ってもらう必要がありますが、輸出にはオランダ政府による許可が必要です。その答えは容易に想像できますね。きっと、オランダ政府はアメリカ政府に忖度するでしょう。EUV露光装置は、ASMLしか製造していない、いえ出来ない、一社独占です。従いまして、中国が半導体の質を高めるには、道は険しそうです。となると、世界からは遅れをとっている旧式の半導体を量産することで、国産化比率を上げざるを得ないように思います。, さらには、アメリカが中国に半導体を輸出することを、各国に対して否定的な立場を鮮明にしています。それを受けて、例えば、台湾TSMCはファーウェイへの半導体の輸出をこの秋にも停止します。すでに新規受注も止めています。, 米中の最先端技術の覇権争いは永遠に続くでしょう。米中両国が手を組むことはないと思います。そして、米国と喧嘩して勝った国はこれまでベトナムしかありません。そう考えると、僕okeydonには、投資先としてあえて中国を選択する理由が見当たらず、外国投資となればアメリカ企業をメインに選択するという答えになります。, 僕はコロナ対策に、ゴーグルを携帯しています。フェイスシールドも携帯していますが、暑いシーンではゴーグルにします。眼鏡の上からでも、かけられるタイプもあります。, 僕おけいどんの活動(note、ブログ、Twitter)をサポートしてくださると大変嬉しく存じます。役に立ったよ、参考になったよ、という方がいらっしゃいましたら、サポート(投げ銭)いただけますととても嬉しいです。, ●中国は最先端技術で日本より先を行く 世界的競争力がある、しかし僕が投資しない理由, セミリタイア生活、投資、節約、節税、などについて綴ります。 はやぶさ2のカプセル帰還、韓国ネットには嘆きの声「韓国は過去に執着」「日本は技術開発で世界へ…」, はやぶさ2に思う「日本の宇宙産業の凄さ」、そして軍事転用に対する恐怖=中国メディア.

震 災 赤ちゃん 亡くす, ヤフーショッピング ポイント 10月, 70年代 アイドル 女性 一覧, トリック 本物の 霊 能力者 誰, インスタ Dm スタンプ いいね, 福岡 和菓子 通販,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加